10
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイオリンを引く少年

20130915.jpg
ポーズの模写
スポンサーサイト

映画じゃないけども

下町ロケット
すごい面白かった、一気に最終話まで観てしまった〜
難しそうな題材なのに、わかりやすく噛み砕いて説明が入るのでわかりやすくてすぐのめり込んでしまいました。

あとあと、このドラマも
黒猫ルーシー
これも可愛くて、そしていい話だったのです。
映画版決定して嬉しいよお〜

585009455.jpg
にゃんにゃん

これはすごい 3本

魂がバイブレーションしたので紹介を

未来を生きる君たちへ

灼熱の魂

ビューティフル

紹介文書こうと思ったけどとりあえず凄すぎてまとめられないので
とりあえず是非レンタルショップで借りてみて頂きたい。

初めての3D映画

長ぐつをはいたネコ」見てきました。初めての3D映画でしたけども、思ったより中々迫力もあって楽しかったです!
毛がね、ふっさふさなんです。
猫もこれでもか!ってくらい出てくるしついニヤニヤしながら見ちゃいますよね、猫好きだもの。
お話も一筋縄に行かない所がシュレックと通じるものがあって、私は好きだな。
ハンプティ・ダンプティもなんだかキモ〜い系の造形なんだけど憎めない愛嬌があっていいね。

あと3Dではないですけど、「スマグラー」も観ましたけど、これまた面白かった。
原作がコミックとあって「ねえよ!」って感じの突っ込み所は満載だったけど、登場人物もみんな個性的で、なんだかかっこいい。なんて月並みな感想ですけども!
1999年が舞台ということでちょっと懐かしさもあるバブルな感じのチャイナ風なセットが個人的にツボでした。
高橋さんの演ずる拷問好きな河島が怖いんだけどなんだかチャーミングでした。

地味ーに脱稿したのでいろいろゆっくり映画みたりゲームしたり、映画みたりしたいです。

最近見た映画まとめ

最近見たオススメの映画をまとめておこうと思います。
お初の今回は邦画2本です。

冷たい熱帯魚予告編
園子温監督
死別した前妻の娘と現在の妻。その折り合いの悪い二人に挟まれながらも、主人公の社本信行は小さな熱帯魚店を営んでいた。波風の立たないよう静かに暮らす小市民的気質の社本。だが、家族の確執に向き合わない彼の態度は、ついに娘の万引きを招く。スーパーでの万引き発覚に窮地に陥る社本だったが、そんな彼を救ったのはスーパー店長の友人の村田だった。村田の懇願により店長は万引きを許す。さらに大型熱帯魚店を経営する村田は、娘をバイトとして雇い入れる。その親切さと人の良さそうな男に誘われて、社本と村田夫婦との交流が始まる。しばらくして、利益の大きい高級魚の取引を持ちかけられる社本。それが、村田の悪逆非道な「ビジネス」を知り、同時に引き返せなくなる顛末への引き金となった。(wikipediaより)

園子温監督の作品は他には「紀子の食卓」「愛のむきだし」くらいしか見ていませんが、特有の血なまぐささとブラックジョークがよく効いた作品です。
血や暴力表現が苦手な方にはまったくもってオススメできない作品ですが、奇人変人に悪いお仕事に引き込まれていくお父さんがどうなるのか…ぐいぐい引き込まれていきます。
グロいシーン満点ながらもブラックすぎるジョークに笑わされることも多々。
波長さえあえばきっと最後まで楽しめる作品です。ラストも笑っていいやら泣いていいやら…
あと、とてもおっぱいがいっぱいです。
私個人としては前にみた二作よりこの作品が楽しめました。


「キャタピラー」予告編
若松孝二監督
1940年、日中戦争に駆り出された黒川久蔵は、4年後に、頭に火傷を負い四肢は失われ、耳もほとんど聴こえない状態になって村に帰還した。軍神としてその姿を讃えながらも、厄介払いのように親戚たちは妻・シゲ子に全ての世話を押し付ける。旺盛な食欲・性欲・名誉欲を示す久蔵に献身的に仕えるシゲ子だったが、炎に焼かれる屋敷内で中国娘を強姦・虐殺した記憶に苛まれる久蔵は次第にインポテンツになってゆく。それとともに、暴力によって夫に支配されていたシゲ子の憎悪が頭をもたげるのであった。(wikipediaより)

若松監督の作品は「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」を見て2作目です。
あさま山荘も実際にあった事件を元にした衝撃的な作品でしたが、このキャタピラーも低予算ということでしたが非常に生々しい人間性というものが描かれていたように思います。
手足と言葉を奪われた男は食欲と性欲に正直です。その姿は人ではない何かすら連想させて不気味な感じもしましたね。
最後に流れる元ちとせさんの「死んだ女の子」と合わせて、戦争の無意味さを考えてしまう作品でした。


両極端な作品の紹介となってしまいましたが、よろしかったら是非見てみてください。

プロフィール

猫かりんとう

Author:猫かりんとう
プレイステーションのゲームが好きな猫愛好家レトロゲーマー、しがない絵描き系モンスターです。漫画描いたり投稿したりちょっこりしてます。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。